モダナイゼーションで気を付けること

現行システムのソースは存在するか?

バージョン管理に失敗しており、どのソースが現行システムで動いているのか分からないと困ります。

また、ソース自体が無く現行システムで動作している実行ファイルのみが存在しているケースもかなり困ります。

設計書、仕様書は最悪無くてもソースを読み解けばシステムがどのように動いているか分かりますが、ソース自体が無いと実行ファイルからリバースしてソースを作成することになるので大変です。

ちなみに、設計書、仕様書が無い場合はバグまで再現してモダナイゼーションすることになります。機能追加などは設計書、仕様書を作成してから実施するのが最適でしょう。

テスト環境はあるか?

出力結果の比較をする際に、テスト環境相当を使用します。このテスト環境が実行環境と乖離がある状態だと、出力結果比較できないので困ります。メインフレームは高額であったため、テスト環境まで揃えられていないケースは結構あります。

テスト環境が存在していても、使用制限があったりして十分に出力結果を比較できなくても困ります。これもメインフレームが高額であることが起因しているのですが、複数システムのテスト環境として使用しているため、実行環境と大きく乖離した環境になっていることも結構あります。そして複数システムのテスト環境であるために、使用時間にかなりの制約があることが多いです。