Java から ORACLE DB へ接続してみる(実践偏)~Spring Boot Data JPAを使用した場合~

以前の記事「Java から ORACLE DB へ接続してみる(調査偏)」からの続きです。

Javaから ORACLE DB へ接続する仕組みを理解するため、実際にプログラムを作って記事にまとめます。ITエンジニアの一般教養としても...

今回は「Java から ORACLE DB へ接続してみる(実践偏)~Spring Boot Data JPAを使用した場合~」ということで、実際にORACLE DBに接続してデータを取得してみます。

Spring Boot Data JPAは、効率的に DB のデータを扱うことの出来る便利なフレームワークです。便利なフレームワークは、定時で帰るためには積極的に取り入れたいものです。

ですので、今回の記事ではSpring Boot Data JPAを利用してORACLE DBの任意テーブルからデータを取得する方法を紹介します、

Controller

まずフロント部分を作成

package com.example.app.controller;

import org.springframework.web.bind.annotation.GetMapping;
import org.springframework.web.bind.annotation.RestController;

@RestController
public class SampleController {

  @GetMapping(value = "/")
  public String simpleGet() {
    return "Hello HttpRequest GET";
  }

}

ブラウザでチェックする。

Entity

DBから使用したいカラムをマッピングしたPOJO(Entity)を作成します。ここで先ほどコメントアウトしたJPAをアンコメントしましょう。

package com.example.app.entity;

import javax.persistence.Entity;
import javax.persistence.GeneratedValue;
import javax.persistence.GenerationType;
import javax.persistence.Id;

import lombok.Data;

@Entity
@Data
public class SampleEntity {

  @Id
  @GeneratedValue(strategy = GenerationType.AUTO)
  private Integer id;
  private String name;
  private String addres;
}

Repository

Entityを引っ張ってくるRepojitoryを作成します。ClassでなくInterfaceなのがポイントです。

package com.example.app.repository;

import org.springframework.data.jpa.repository.JpaRepository;
import org.springframework.stereotype.Repository;

import com.example.app.entity.SampleEntity;

@Repository
public interface SampleRepository extends JpaRepository<SampleEntity, Integer> {

}

Autowired

ControllerでRepojitoryをAutowiredします。これでDBのデータをControllerで取得することが出来ます。

基本はこれだけです。

DBへの接続設定

ORACLEを使用する際にはSpring Bootのapprication.propertiesに次の記述をします。(pom.xmlの記述もお忘れなく!)

応用するともっと便利になります。それはまた次回に。

Let's share SNS