Linuxでserviceを扱う

どんなサービス名で登録していたか忘れてサービス起動に困るということがよくある。
サービス一覧を確認する方法を紹介する。

全てのサービスを一覧で表示する
# service –status-all

確認した名前でサービスの状態を確認する。(すでに上記コマンドで状態は確認済なのだが一応)
# service httpd status

状態を確認して、必要に応じてサービスに対して処理を行う
# service httpd start
# service httpd restart
# service httpd stop

Shellをサービスとして登録する方法は次の記事が分かりやすい

JBOSS EAP 6 を RED HAT ENTERPRISE LINUX でサービスとして設定する

Shellで起動するのではなくサービスとして登録して起動させた方が簡潔になることがよくわかる記事

JBOSS EAP の開始および停止

Let's share SNS