Exceptionのマルチキャッチで高速プログラミング

Exceptionをマルチキャッチとして記載することで時短をします。

書き方は次のとおりです。

try {

  // 処理

} catch (UnsupportedEncodingException | URISyntaxException e) {

  e.printStackTrace();

}

何のExceptionなのか分からなくなってしまうので、あまり良いソースコードの書き方ではないと思います。Exceptionのマルチキャッチのメリットは、ソースコードの可読性が高くなること、手早くソースコードを書けることでしょうか。

良いことと悪いことの両面を持つExceptionのマルチキャッチですので、果たしてこれで時短できるのかは微妙なところです。

Let's share SNS