JCL プログラム/カタプロ呼び出し

JCLからプログラムを実行する方法、カタプロを実行する方法をご紹介します。

プログラム実行

プログラム実行は次のように記述します。{}内は任意のプログラム名が入り、記載したプログラムが実行されます。

// EXEC PGM={プログラム名}

カタプロ実行

カタプロの場合にはプログラム実行とは異なり PGM=の記載がありません。直でカタプロ名が記載されます。次のとおりです。

// EXEC {カタプロ名}

カタプロは SYS1.PROCLIB に入れておくと使用することができます。また、ユーザー任意で USER.PROCLIB などに入れておき、カタプロであると定義することで使用できるようになります。

カタログ式プロシージャー – IBM

ユーザーPROCLIBの指定 – IBM

プログラムもカタプロも {} の後ろにパラメータをつけて、プログラム実行時に引き渡すことが出来ます。

JCLからプログラムおよびカタプロを実行する方法は、IBMの次のサイトに詳細が記載されています。

JCLステートメント – IBM




Let's share SNS