eclipseの補完を使用して爆速でシステム開発する方法!

eclipseでは、Ctrl + Spaceで単語や構文を補完することが出来ます。この補完機能を使うことで、少し時間で正確な入力をすることが出来ます。たくさんの補完機能の中で、私がよく使用する便利な補完機能をご紹介します。入力文字 → Ctrl + Spaceと記載していきます。

■syso → Ctrl + Space

System.out.println();

■foreach → Ctrl + Space

for (int i : array) {

}

さらに前処理にコレクション型オブジェクトを扱っていると自動でそのオブジェクトを設定してくれます。

List<String> abdc = new ArrayList<>();
foreach

Enterでこうなる。
List<String> abdc = new ArrayList<>();
for (String string : abdc) {

}

以降は私は使用したことは無いが、出来るらしい。

■if → Ctrl + Space

if(abdc) {

}

こちらも前処理で扱っていた変数が自動でセットされる模様。

■switch → Ctrl + Space

switch (key) {

case value:

break;

default:

break;

}

■new → Ctrl + Space

new

■try → Ctrl + Space

try {

} catch {

}