Outlookショートカットまとめ

■フラグを設定(ダイアログ ボックスを開いてフラグを割り当てる)

Ctrl + Shift + G

■Outlookのフラグをクリア
Ctrl + Shift + G → Alt + E

■メッセージを開いてディスクリプションがアクティブな状態で前後のメッセージに切り替え
Ctrl + ,
Ctrl + .

■ビューの切り替え
Ctrl + 1, 2, 3

■メール新規作成(Messageの作成と覚えておくと良い)

Ctrl + Shift + M

■メール全員へ返信
Ctrl + Shift + R

■メール転送
Ctrl + Shift + F

■未読にする
Ctrl + U

■既読にする
Ctrl + Q

■受信トレイに移動

Ctrl + Shift + i

■送信トレイに移動

Ctrl + Shift + o

■フォルダの選択

Ctrl + y

■書式統一

Ctrl + Space

■検索ボックスに移動

Ctrl + e

※Ctrl + f は転送に割り当てられてしまっているので、e(Explorer)が検索に割り当てられています。

■前のメールへ(このままでは覚えづらいので Ctrl + < と覚えておくと良い)

Ctrl + ,

■次のメールへ(このままでは覚えづらいので Ctrl + > と覚えておくと良い)

Ctrl + .

■フォルダ領域にカーソルがあるときに、開いているメッセージのヘッダー行の間を移動する

Ctrl + Tab

■タスクの追加

Ctrl +Shift + K

こちらのサイトがショートカットがまとまってて最高です。
http://span.jp/office2010_manual/outlook2010/reference/outlook2010-shortcut.html

こちらは公式サイト

Outlook のキーボード ショートカット
Outlook では、メールの管理、タスクの設定と割り当て、会議のスケジュール作成、その他の作業をすべて、キーボード ショートカットを使って行うことができます。この記事のショートカットは、米国のキーボード レイアウトのものです。