Spring Boot Controller から thymeleaf へデータを渡す

前回の記事で thymeleaf を使ってみました。

Spring Boot が推奨している thymeleaf を使ってみます。まず基本はこれだけ。HTMLファイルとして保存します。 ...

今回の記事では thymleaf へデータ渡すSpring(Controller)の書きかたのご紹介です。

次のように書くと serverTime を渡すことが出来ます。

簡単ですね。しかも、Model にデータを突っ込むあたり非常に分かりやすいですよね。MVCモデルを意識した使い方が出来ます。

Let's share SNS