Java(OpenJDK)インストール on Linux系OS

Javaランタイムをインストールします。

現状確認

まずはJavaがインストールされていないことを確認します。

$ java -version
-bash: java: command not found
$ which java
/usr/bin/which: no java in (/usr/local/bin:/usr/bin:/usr/local/sbin:/usr/sbin:/home/ec2-user/.local/bin:/home/ec2
-user/bin)

Javaランタイムをインストール

次のコマンドを実行します(RHEL系の場合)。

$ sudo yum install java-11-openjdk

ズラズラとログが出力されます。途中求められたら一回yを入力します。Complete!と最後に出力されたらインストール成功です。

Ubuntuの場合は次のコマンドを実行します。

$ sudo apt-get install openjdk-11-jre

インストール確認

無事にインストール出来たか確認します。

$ java -version
openjdk version "11.0.7" 2020-04-14 LTS
OpenJDK Runtime Environment 18.9 (build 11.0.7+10-LTS)
OpenJDK 64-Bit Server VM 18.9 (build 11.0.7+10-LTS, mixed mode, sharing)

これで完了です。

参考

RHEL での OpenJDK 11 のインストールおよび使用 OpenJDK 11 – Red Hat