JavaのURLエンコードの具体的な内容のまとめ

JavaでURLエンコード/URLデコードについて、曖昧な理解だったので調査してまとめてみました。具体的な内容や仕組みをについて理解しようと思います。

具体的なことを知りたくなったきっかけは、Spring BootのRestTemplateを使用していて送受信データが自動で変換されていたためです。

URLエンコードには2種類あり、概要としては次のとおり

1.パーセントエンコーディング
URLのエンコーディングに使用される。エンコーディング結果としてパーセントが使われている。こちらが一般的。

2.application/x-www-form-urlencoded
HTMLのFormをsubmitして送信するデータのエンコーディングに使用される。

詳細は次のサイトたちが分かりやすかった

本稿では Java 言語を用いて文字列をURLエンコード/デコードする方法について解説します。 また URL エンコードにおける注意点についても解説します。
# はじめに こちらはOptTechnologiesの社内勉強会で利用した資料になります --- # 調べた動機 ユーザからの問い合わせで、計測時に上がってくるURLが登録しているものと違うと言われたところから調査していたら、...

以上、「JavaのURLエンコードの具体的な内容のまとめ」でした。今度は実例を載せて記載したい。

Let's share SNS