CentOS環境変数を恒久的に設定する方法

CentOS環境変数を恒久的に設定する方法をご紹介します。

設定ファイル

ユーザー全員の環境変数に設定するには次のとおり

/etc/profile

ユーザーごとの環境変数に設定するには次のとおり

~/.bash_profile

設定内容

.bash_profileの末尾に次のように追加すると文字コードをja_JP.sjisに指定することが出来る。

export LANG=ja_JP.sjis

設定方法

ユーザー固有の設定してみるとこんな感じのコマンドになる。まずはファイルを編集するべく開く。

vi ~/.bash_profile

開いたらaなどをクリックして編集モードにする。そしたら末尾に次の行を追加しよう。

export LANG=ja_JP.sjis

そしたら保存する。Escapeキーをクリックして編集モードを終了したら次のように入力する。

:wq

編集が完了したら更新しよう。次のコマンドを入力してエンターをクリック。

$ source ~/.bash_profile

すると文字コードがja_JP.sjisとして更新されたはずだ。これは恒久的な設定なので、次回ログイン時でも文字コードはja_JP.sjisが指定されている。

先頭に.が付いた形式のファイルについて

ここでファイルの先頭に.が付いていることが気になった方もいるかもしれない。先頭.のファイルは普段あまり見ないが、これは隠しファイルで普通にlsコマンドを打ち込んでも表示されない。そんな隠しファイルを見たいときには、隠しファイルの表示オプションをつけてやる

ls -a

私はいつもlオプションを付けていて、隠しファイルを表示するときでも整った形式で見たいのでるので、次のような感じでコマンドを使用する。

ls -la

なお、RHEL7系でもこの設定は使用できる。

以上、「CentOS環境変数を恒久的に設定する方法」でした。

Let's share SNS