Javaの理解しにくい箇所をご紹介

Javaの躓きやすい箇所をご紹介していきます。

・interface / abstract

比較すると分かりやすいので、よく比較されがちな2つです。この2つは共通サブルーチンと考えれば大体合っています。

詳細はこちらが分かりやすいです、

【Java入門】interface(インタフェース)の使い方総まとめ

【Java入門】インターフェースとは?抽象クラス(abstract)との違い

・Optional

これはJava8から登場しました。Nullかもしれないオブジェクトを格納して、そのオブジェクトがNullでない場合は、そのオブジェクトの持つ指定したメソッドを実行ということが出来ます。これにより、Nullチェックが不要になるため記述量を減らすことが出来ます。さらにNullチェックを忘れる心配もないのでプログラムの堅牢性も向上します。

詳細はこちらが分かりやすいです。

【Java】Optionalの正しい使い方を学ぶ

・Lambda

これもJava8から登場しました。これでラムダって読みます。メソッドを変数のようにして扱うことが出来ます。簡潔に処理を書けるとのことですが、私は仕事でLambdaが簡潔に記載されているコードを見たことがありません。

詳細はこちらが分かりやすいです。

【Java 8で追加】ラムダ式とは?メリットや使い方をご紹介!

・Generics

これはめちゃくちゃ便利です。共通処理がめちゃくちゃ書きやすくなります。もうこれ無しでライブラリを書くことは考えられないです。これは次のサイトを参考にして、手を動かしてJavaの概念を噛みしめてみると良いでしょう。

Javaのジェネリクス(総称型)って何?

Java ジェネリクスのポイント

Java ジェネリクス(クラス、メソッドを定義する)

以上、「Javaの理解しにくい箇所をご紹介」でした。

Let's share SNS