Tomcat9のインストール方法 on Linux系OS

Linux系OS へ Tomcat9 をインストールする方法をご紹介します。当記事はTomcat9系、Red Hat7系で検証しました。

Tomcatのダウンロード

まずはTomcatをダウンロードします。色々と方法があるかと思いますが当記事では wget コマンドを使用して Tomcat をダウンロードします。wget コマンドがOSにインストールされていない場合は次のようにインストールしましょう。

wgetコマンドの確認

man wget

これでマニュアルが表示されればwgetコマンドはインストールされています。Tomcatインストールへ進みましょう。反対にマニュアルが表示されない場合にはwgetコマンドのインストールが必要です。

wgetコマンドのインストール

まずはスーパーユーザーになります。

sudo su -

wgetコマンドをインストールします。

yum install wget

これでインストール完了です。Tomcatのインストールに進みましょう。残りの作業もスーパーユーザーのまま作業を進めましょう。

Tomcatのダウンロード

ダウンロードするディレクトリに移動します。

cd /tmp

ダウンロードします。

wget http://ftp.meisei-u.ac.jp/mirror/apache/dist/tomcat/tomcat-9/v9.0.13/bin/apache-tomcat-9.0.13.tar.gz

※次の手順で最新版を確認しましょう。

公式サイト(https://tomcat.apache.org/index.html)にアクセス

次のリンクを右クリックしてリンクのアドレスをコピー

> Download > Tomcat9 > Binary Distributions > Core: > tar.gz

Tomcatのインストール

Tomcat をインストールしていきます。まずはTomcatの持ち主であるユーザーを作成しましょう。

tomcatグループを作成

tomcatグループが無いことを確認する。

# grep tomcat /etc/group

何も表示されなければtomcatグループは無い。tomcatグループを作成する。

# groupadd tomcat

作成できたことを確認する。
# grep tomcat /etc/group
tomcat:x:1002:

OK、グループが作成された

tomcatユーザーを作成

useradd -s /sbin/nologin tomcat

※次のコマンドで作成した気もする。。。

# useradd -g tomcat tomcat

tomcatユーザーが出来たか確認

ユーザー一覧を確認
cat /etc/passwd

ユーザーが多くてよくわからないときはgrep
cat /etc/passwd | grep tomcat

Tomcatインストール

インストールします。Linux版Tomcatインストールの実作業は解凍するだけです。

tar -xzvf apache-tomcat-9.0.13.tar.gz

/tmp に解凍された Tomcat を /opt に移動します。Tomcat は /opt に置くのが慣例となっていることが多いです。

mv apache-tomcat-9.0.13 /opt

Tomcat の所有者とグループを設定しましょう。

chown -R tomcat:tomcat /opt/apache-tomcat-9.0.13

所有者に設定するユーザーは先ほど作成した Tomcatの所有者ユーザーにします。グループは個別で先に作成しておく必要はありません。わかりやすいよう、ユーザーと同様にしておくのが良いでしょう。

これで Tomcat9 のインストールが完了です。

tomcatユーザーにログインできるようにする

今作成したtomcatユーザーはログインできない。セキュリティ上、ログインできないほうが良いらしいが、ログインしたくなったときのために記載する。

ログインできるか確認できる

$ su - tomcat
> This account is currently not available.

ログインできるようにする

$ usermod -s /bin/bash tomcat

ログインできないようにする

$ usermod -s /sbin/nologin tomcat

これでOK。ログインできる。

Let's share SNS