MySQLをWindows10にインストールしてみた

MySQLをWindows10にインストールしてみたので、手順をまとめておきます。私はこれまで知らなかったのですが、MySQLの開発元はオラクルなんですね。そして、MySQLからMariaDBが派生したんですね。さて、それでは手順をまとめていきます。

ダウンロード

MySQLの公式サイトにアクセスします。

Donload – Windows を選択します。

MySQL Installer を選択します。

下のほうにズズっと行くと、ダウンロードボタンが二つ縦に並んでいます。
これは次の内容です。

・上:Web上でインストール
・下:ローカルにダウンロードしてからインストール

結果としてはどちらも変わりませんが、回線が弱い人は下のほうが良いです。私はWeb上でインスト―ルします。

ログインか登録を求められますが、それらを回避することもできます。今回は回避します。
一番下の「No thanks, just start my download.」リンクを選択します。msiファイルがダウンロードされます。

インストール

先ほどダウンロードしたmsiファイルを実行します。そして、同意して進めていきます。今回はデフォルトパッケージの開発者標準を選択します。

Status が Manual のところは手動でやってねってことらしいです。(後で設定が必要とのこと)ひとまず今はこのまま先に進みます。

デフォルトパッケージの開発者標準でインストールしていこうと思ったのですが、インストールするパッケージ変えます。あきらかにC++やC#のドライバ入ってますもん。私はJavaでMySQLを使うつもりなのでこれらは意味ないし容量食うだけでなく、わかりづらくなるのでインストールしないでおきます。

ということで、少し戻りまして設定していきます。設定を見ていきましょう。「Download Connector/J」というのがJDBCらしいですね。ということはODBCも不要ということ。

MySQL Shellは、Shellを使ってMySQL を管理するときに必要とのこと。これは必要そうなので、チェックを入れます。
MySQL Utilitiesは、便利なCUI操作が出来るようになるとのこと。これも必要そうなのでチェックを入れます。
mysql notifier とは、お知らせ機能と起動/停止の操作が出来るとのこと、これも必要そうなのでチェックを入れます。

OK。これでいきます。

確定情報が表示されます。Executeをクリックしてインストール実行。

無事にインストールが完了しました。Nextをずっと選択してdefaultで設定を進めていきます。

パスワードを求められたので入力しました。

NextとFinishで進めていきます。基本はデフォルトのままでいいです。困ったらあとで修正していくスタイルをとることが出来ます。先ほど設定したパスワードが求められたので入力してcheck。そしてNext。

どうやら無事に終わったようです。checkをつけたままFinishボタンをクリックします。

コマンドプロンプト出現しました。上記checkボックスをチェックした状態にしているとシェルが起動して、このようなコマンドプロンプトが表示されます。このコマンドプロンプトが表示されることは、無事にMySQLに接続できたことを意味します。また、以後サービスの起動/停止がしたくなったらサービスのGUIか、コマンドプロンプトのCUIで実施します。

Appendix

どこにMySQLがインストールされたのかディレクトリを確認してみます。あった、ここに入ってました。
C:\Program Files\MySQL

一般的な場所でわかりやすいですね。中身を見ていきます。Connector Jがないようです。Connector JはMySQLのJDBCです。ZIPファイルがディレクトリ内にあったので中身を見てみたがConnector Jはありません。

一体どこにあるんだと探してもみつからず、仕方なく個別でダウンロードしてきたときに見つかりました。
C:\Program Files (x86)\MySQL\Connector J 5.1

なんでこのような場所にあるのだろうか。いや場所自体は問題ないのですが、なぜ別々の場所にインストールされたのだろうか、不思議だ。ともあれ、無事にインストールされた場所も確認できたということで一安心です。

以上、MySQLをWindows10にインストールしてみた記事でした。

Let's share SNS