Javaの型についてまとめてみる

Javaの参考書を読み返して、型を表にしてみました。Javaの型にはプリミティブ型と参照型の2種類の型が存在します。

プリミティブ型の一覧

まずは基本となるプリミティブ型の一覧です。基本データ型、値型とか呼ばれたりもします。

種類 データ型の名前 サイズ
整数型 byte 8bit
short 16bit
int 32bit
long 64bit
浮動小数点型 float 32bit
double 64bit
文字型 char 16bit
論理型 boolean 1bit

プリミティブ型の詳細

longは19桁まで扱える。64bitなので最大値は
9,223,372,036,854,775,807

intは32bitなので、次のように求められる。
2^32 = 4,294,967,296

マイナスの値もあるので、整数として使用できる最大値は次のとおり。
2^32/2 = 2,147,483,648

intは10桁って覚えてたけど、32bitと覚えてた方が応用が利きそうだな。

桁数のサイズは byte > short > int > long で、

具体的には 8 > 16 > 32 > 64 って倍になっていく。

実際のデータなので、nullにはならない。

参照型

String型、配列型、Collection型、ジェネリクス型などが参照型です。参照型はデータの場所を参照していて、様々な型があります。IntegerやBooleanなどプリミティブ型をラップした参照型もあります。また、場所を参照しているので、nullにすることも出来ます。

参照型については今後追記していきます。全てをまとめて俯瞰的に見れるような記事に整理していきたいです。