AWSのAuto Scalingについて調べてみた

AWS上に構築したサーバーのレスポンスが悪いので、何か対処方法はないかと調べてみました。

レスポンスが悪い原因はスペック不足であることを確認しています。AWSのAuto Scalingは以前から聞いたことはあったので、詳細について調べました。

わかったことは次の3点です。

  • スケールアップではなくスケールアウトのみ
  • AMIからインスタンスを生成する、自動で処理を振り分けるにはロードバランサーが必要
  • 設定するだけ、簡単、無料

インスタンスを自動で増やす仕組みとのことなので、振り分け処理が別途必要になります。なので、OSにインストールして使用する製品が重い場合などは適用が難しそうです。kubernetesであれば、OSにインストールして使用する製品に対しても対応できそうなので調査してみようと思います。

私の観測範囲上、次の記事が一番わかりやすかったです。

AWS再入門2018 Amazon EC2 Auto Scaling編 | Developers.IO
Amazon EC2 Auto Scalingを利用すると、需要に合わせてEC2の台数を増減できます。 これにより、コストとパフォーマンスのバランスをとれます。 Auto Scalingは素晴らしい機能ですが、よく理解し …