Tomcat9系の設定と起動 on Linux系OS

ずいぶん昔に書いた記事。今見返すとちょっと何言ってるかわからない。

先日の記事でRed Hat7系でTomcat9系をインストールしてみました。

Linux系OS へ Tomcat9 をインストールする方法をご紹介します。当記事はTomcat9系、Red Hat7系で検証しました。 ...

今回は、設定・起動の方法をご紹介します。

/opt/apache-tomcat-9.0.13/bin/startup.sh で無事に起動。
そしてWebブラウザからアクセス。したのだが「応答時間が長すぎてこのサイトにアクセスできません」と返ってくる。

試しにポート番号無しでWebブラウザからアクセスしてみるとapatchのテストページが表示された。
このサーバにはapatchがインストールされているようだ。

# systemctl status httpd.service
● httpd.service - The Apache HTTP Server
Loaded: loaded (/usr/lib/systemd/system/httpd.service; enabled; vendor preset: disabled)
Active: active (running) since Mon 2018-12-10 02:22:28 UTC; 1h 16min ago
Docs: man:httpd(8)
man:apachectl(8)
Process: 1725 ExecReload=/usr/sbin/httpd $OPTIONS -k graceful (code=exited, status=0/SUCCESS)
Main PID: 775 (httpd)
Status: "Total requests: 0; Current requests/sec: 0; Current traffic: 0 B/sec"
CGroup: /system.slice/httpd.service
├─ 775 /usr/sbin/httpd -DFOREGROUND
├─1731 /usr/sbin/httpd -DFOREGROUND
├─1732 /usr/sbin/httpd -DFOREGROUND
├─1733 /usr/sbin/httpd -DFOREGROUND
├─1734 /usr/sbin/httpd -DFOREGROUND
└─1735 /usr/sbin/httpd -DFOREGROUND

さて、apatchにはアクセスできるのに、tomcatにはアクセスできないのはなぜなのか。
と、ターミナル上で curl http://<IP ADDRES>:8080 , curl http://localhost:8080 を実施してみる。すると両方ともTomcatのHTMLが返却されてきた。
ググるとFireWallのデフォルト設定があるOSもあるとのこと。そもそもOSは何だ?と調査してみる。

Red Hat系OSのOS情報確認の方法
# cat /etc/redhat-release
Red Hat Enterprise Linux Server release 7.5 (Maipo)

Red Hat7系だ。Red Hat7系はデフォルトで8080ポートにFireWallの設定がされているらしい。で、穴をあけてみる。
ということでまずは状態確認。
# systemctl status firewalld.service
Unit firewalld.service could not be found.

??firewalld.serviceが無い??ではなぜアクセスに時間がかかっているのか、、、ファイアウォールでブロックされているからでは無い??
あ、iptables.serviceが有効なのかな?

# systemctl status iptables.service
Unit firewalld.service could not be found.

firewalld.serviceと同様not be found.のようだ。

分からないので、わかる方法で解決しよう。内部的には8080へアクセスできるならば、、ajpでapatchからtomcatへアクセスすれば良い。
と思ったがもう少し挑戦してみる。

さらにググるとtomcatの設定でアクセス元を拒否、許可を設定できるらしい。
/opt/apache-tomcat-9.0.13/conf/server.xml

<Host name=”localhost” appBase=”webapps”
unpackWARs=”true” autoDeploy=”true”>

<!– SingleSignOn valve, share authentication between web applications
Documentation at: /docs/config/valve.html –>
<!–
<Valve className=”org.apache.catalina.authenticator.SingleSignOn” />
–>

<!– Access log processes all example.
Documentation at: /docs/config/valve.html
Note: The pattern used is equivalent to using pattern=”common” –>
<Valve className=”org.apache.catalina.valves.AccessLogValve” directory=”logs”
prefix=”localhost_access_log” suffix=”.txt”
pattern=”%h %l %u %t &quot;%r&quot; %s %b” />

</Host>

ここのValve要素でdeny, accesseとかで指定するようだが、設定されていないようだ。念のため、Valve要素をコメントアウトしてtomcat再起動。
しかし、Webブラウザからのアクセス出来ない事象は解決しない。

そこでpingではどうなのかと試してみる。それはそうだ、port番号が違うのだから、使用するport番号はセキュリティゲートウェイで穴をあけとかなければ通信することは出来ない。
ここで自分で思って、自分で気づきました。

apatchが使用するポートは80、これが通るのはセキュリティゲートウェイに登録されているから。
tomcatがデフォルトで使用するのは8080、これはセキュリティゲートウェイに登録されているのか?確認してみるとビンゴ。80は登録されているが8080は登録されていない。

セキュリティゲートウェイに登録すると無事にTomcatにアクセスすることが出来ました。

以下の公式サイトページを確認して
https://tomcat.apache.org/tomcat-9.0-doc/manager-howto.html

次のように設定する。
/conf/tomcat-users.xml

<role rolename=”manager-gui”/>
<user username=”tomcat” password=”tomcat” roles=”manager-gui”/>

ここではテストなのでtomcatとして設定したが本当はちゃんとセキュリティの高いものを設定した方がいい。

<dependency>
<groupId>org.springframework.boot</groupId>
<artifactId>spring-boot-starter-web</artifactId>
</dependency>

<dependency>
<groupId>org.springframework.boot</groupId>
<artifactId>spring-boot-starter-tomcat</artifactId>
<scope>provided</scope>
</dependency>

困った。Tomcatのマネジメント画面が表示されない。

403 Access Denied
You are not authorized to view this page.

By default the Manager is only accessible from a browser running on the same machine as Tomcat. If you wish to modify this restriction, you’ll need to edit the Manager’s context.xml file.

If you have already configured the Manager application to allow access and you have used your browsers back button, used a saved book-mark or similar then you may have triggered the cross-site request forgery (CSRF) protection that has been enabled for the HTML interface of the Manager application. You will need to reset this protection by returning to the main Manager page. Once you return to this page, you will be able to continue using the Manager application’s HTML interface normally. If you continue to see this access denied message, check that you have the necessary permissions to access this application.

If you have not changed any configuration files, please examine the file conf/tomcat-users.xml in your installation. That file must contain the credentials to let you use this webapp.

For example, to add the manager-gui role to a user named tomcat with a password of s3cret, add the following to the config file listed above.

<role rolename=”manager-gui”/>
<user username=”tomcat” password=”s3cret” roles=”manager-gui”/>
Note that for Tomcat 7 onwards, the roles required to use the manager application were changed from the single manager role to the following four roles. You will need to assign the role(s) required for the functionality you wish to access.

manager-gui – allows access to the HTML GUI and the status pages
manager-script – allows access to the text interface and the status pages
manager-jmx – allows access to the JMX proxy and the status pages
manager-status – allows access to the status pages only
The HTML interface is protected against CSRF but the text and JMX interfaces are not. To maintain the CSRF protection:

Users with the manager-gui role should not be granted either the manager-script or manager-jmx roles.
If the text or jmx interfaces are accessed through a browser (e.g. for testing since these interfaces are intended for tools not humans) then the browser must be closed afterwards to terminate the session.
For more information – please see the Manager App HOW-TO.

まさしくこれだ。

Tomcat8をインストールして、managerを見ようとしたところ、403 Access Denied となったので、画面に表示されていた通りtomcat-user.xmlにmanager-guiというロールでユーザを追加します。Tomcat6の時は、managerだったのが、Tomcat7以降で変わったようですね。...

Let's share SNS