PlantUMLの調査まとめ

PlantUMLが表示されなくなった

PlantUMLをインストールした直後は図が表示がされたのですが、翌日に表示されなくなりました。

具体的な事象としては、先にEditor(テキストで記述している方)を閉じてしまうと、内部でエラーが起きてViewが表示されなくなります。

この事象の解決に1時間くらいハマったので情報公開します。内部の仕組みが分かっていなかったので、時間がかかりました。

以下、課題解決までに調査した内容です。最初はセキュリティソフトが必要なライブラリをブロックしてしまい、表示に失敗しているのかと思いました。
ですので、ライブラリがインストールされているか。そして有効になっているかを確認しました。

Plantumlのリソース

■Plantumlのソースコード
C:\Users\${user}\.atom\packages\plantuml-viewer

■Plantumlの実体
C:\Users\${user}\.atom\packages\plantuml-viewer\node_modules\node-plantuml\vendor\plantuml.jar

■確認
c:\Program Files (x86)\Graphviz2.38\bin\dot.exe にインストールしたdot.exeがPlantUML有効になっているか、コマンドで確認することが出来る。
java -jar “C:\Users\${user}\.atom\packages\plantuml-viewer\node_modules\node-plantuml\vendor\plantuml.jar” -testdot

注意 ${user}は適宜読み替え

これら全てクリアしていました。インターネットで調査すると表示されないという情報は出てきますが解決した話は見つかりません。
上記調査をしているうちに、PlantUML-Viewがどういう仕組みでLive表示しているのかが分かりました。
JavascriptのsetTimeoutでイベントを拾っているようです。

JavascriptのsetTimeoutでイベントを拾っていることから、Editorを先に閉じてエラーになったという事象の原因が見えてきました。

プログラムでエラーになったあとの処理が記述されていない場合、エラー状態から復帰しない可能性があります。
試しにAtomを再起動してみました。ビンゴです。表示されました。

したがって、私のPlantUMLが表示されなくなるという事象でやるべきはAtom再起動でした。

Let's share SNS